キャリアプランニングとは

データベースエンジニアとして仕事をしていると、少しずつ知識や技術力なども増えていきますよね。
最初のうちは、仕事をこなすことで精一杯だった方も、数年経ったことで「スキルアップしている」と感じている方も多いと思います。
ある程度、仕事をこなせるようになると「これから、どういった方向で仕事をしたら良いのだろう?」と悩まれる方もいると思います。
「このまま、この仕事を続けていくのだろうか?」と思っている方もいるでしょう。

データベースエンジニアに限らず、IT業界で働いている方は皆同じように思う時期があるでしょう。
そんな方は、自分のキャリアプランニングを行ってみませんか。
「キャリアプランニングってなに?」と思われる方もいると思いますが、キャリアプランニングは、自分の将来象を具体的に描いていくもの。いわば、自分の夢や希望などを細かく作成していく計画表の様なもの。
ITの仕事をしている方であれば、今行っている仕事内容などを考え、これから先どのくらい今の仕事を続けていくのか、その後はどういった仕事をしてみたいのか、新たにチャレンジしてみたい仕事はないのかなどを考えていくことが必要となります。
IT業界で仕事をしている方も、それぞれ夢を持って今の職場に入っているでしょうから、入社当時の夢などを思い出してみると良いかもしれませんね。

そして、今の年齢からその後どういった夢、目標があるのかを書き出してみましょう。
1年後には新たなプロジェクトに参加したい、3年後には責任ある仕事につきたい、5年後には独立をしたいといった、具体的な内容を記載していくことで、より今後の自分の仕事が見えてくるはず。
なりたい自分、なりたいデータベースエンジニア像を描いていくことで、どんどん自分の目標に近づき、夢を叶えることが出来ますよ。

このように、仕事をしている方がやりがいある仕事、次の目標を立てる際には、ぜひキャリアプランニングを行ってみてください。
具体的に描いていくことで、今何をすれば良いのか、今後のためにどういったことが必要となるのかが明確になってきて、ムダな時間を過ごすこともなくなりますよ。